損害保険 旅行傷害保険

旅行傷害保険

価格.com自動車保険比較見積もり

損害保険のうち旅行傷害保険の伸びしろ

損害保険の説明

損害保険のうち旅行傷害保険の伸びしろをどう見るかは、個々のライフスタイルに寄るところが大きいでしょう。

 

旅行傷害保険は、国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険に分けられます。

 

国内旅行傷害保険というのは、契約者が旅行中に事故に遭い怪我を追ったり死亡したりした場合の補償で、
旅行中というのは旅行を目的として、家を出てから帰るまでの間を言います。
保険金には入院保険金、手術保険金や通院保険金、死亡保険金、後遺障害保険金があります。
自分だけでなく、残された家族のための補償をも目的とした損害保険なのです。
最近では国内旅行傷害保険付帯のクレジットカードを持つケースが増えています。

 

海外旅行障害保険は、海外旅行中に起こりうるリスクに備えた損害保険で、補償対象は、
死亡、後遺障害、治療費用となっています。
怪我だけでなく、特約で、病気治療や病死も補償対象とすることができます。
また、自身のみならず、他人を傷つけてしまった時の賠償責任の負担による損害、
携行品の盗難など補償対象も幅広く、海外渡航者の殆どが渡航前に加入する損害保険で、
保険金の支払いが外貨であるという特徴があります。

 

こうしたトラブルに見舞われた際に、実際の手続きや渡航先での日本語サポートと言ったフォローがあるなどが、
他の損害保険にはない特徴です。
補償対象は細かく分類されていますが、渡航先によって起こりうるトラブルは異なりますので、
いくつかの補償内容パックになっているセットプランが便利です。

 

不況と言われる状況にあっても海外旅行者の数は年々増加の傾向にあり、
海外旅行傷害保険の需要は高まる一方です。

旅行傷害保険|国内旅行傷害保険|海外旅行傷害保険|主要損保記事一覧

海外旅行傷害保険加入の注意点|旅行傷害保険

傷害保険は主要な損害保険のひとつで、一言で言うと怪我をした時のための損害保険です。つまり怪我をした際に入院をしたり通院をしたりした場合に保険金が支払われる損害保険なのです。傷害保険には、数多くの商品があります。傷害保険は、正しくは普通傷害保険のことを言いますが、補償の対象を契約者の家族にまで拡大した...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ