自動車保険 トラブル

自動車保険のよくあるトラブル

価格.com自動車保険比較見積もり

自動車保険のよくあるトラブル

損害保険の説明

自動車保険のよくあるトラブルについて紹介します。

 

自動車保険に加入していても、全て事故について補償される訳ではないのです。
事故の原因によっては対象外となるため、注意が必要です。
では、自動車保険で保険金が支払われない例にはどのようなものがあるのでしょう。

 

主な例として揚げられるのが、運転者が故意に事故を起こした場合ですが、保険金は支払われません。

 

また、運転者の無免許、飲酒運転、麻薬使用が原因の事故に対しても保険金は支払われません。
事故による被害者救済目的のため、対人賠償保険と対物賠償保険については補償の対象となりますが、
その場合も条件があり、被害者が運転者の両親、子供、配偶者の場合は、
対人賠償保険と対物賠償保険共に保険金は支払われません。

 

自動車保険は基本的には事故による損害に対して補償されるものなので、地震、台風、
噴火、洪水、津波、高潮などの自然災害によるトラブルについては、補償の対象にはなりません。
従って東日本大震災の津波被害などで多くの車が流されましたが、自動車保険では補償されないのです。
同時に、原発事故によって核燃料物質による放射能汚染についても、補償の対象外となります。

 

また、日本国内では滅多にないことですが、万が一戦争や内紛、テロ、革命などによる
暴動などのトラブルによる損害は、補償の対象とはならないため、
自動車保険では保険金は一切支払われません。

 

自動車保険はあくまでも突発的な事故による損害が補償対象であり、運転者による悪質な行為や、
自然災害、暴動については対象外となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ