損害保険業界 対外活動

損害保険業界の対外活動

価格.com自動車保険比較見積もり

損害保険業界における対外活動

損害保険の説明

損害保険業界における対外活動としては、経団連地球環境憲章と経団連環境アピールに対応して、

損害保険業界の環境保全に関する行動計画というものが制定されています。

 

それにより損害保険業界の各社は、地球温暖化対策、環境マネジメントシステムの構築と環境監査、
循環型経済社会の構築、社内外における環境啓発活動等を行っており、
環境問題に関する専門委員会を損保協会に設置し、積極的に環境問題と向き合っています。

 

損害保険業界として、環境負荷低減を目的とした活動の必要性を認識し、具体的な取組みを行っています。

 

地球環境保護については、テクノロジーの発展に伴い年々複雑化していることから、環境リスクへの対策として、
環境問題に繋がる商品の開発と普及と、契約者のメリットの両面を見据え推し進めてきました。
例えば安全運転と環境問題のマッチングによって生まれたのがエコ安全ドライブです。
しかしながら必ずしも需要があるわけではないため、最も困難な体外活動が、利用者に対する啓発活動の推進でした。

 

自動車廃棄物の削減、リサイクル推進を目的とした部品の再活用や部品補修のキャンペーン活動など、
損害保険業界をあげて消費者の意識を変えていくような対外活動を行っています。

 

損害保険業界における対外活動として、環境問題に関するセミナーや公開講座の開催、情報誌を発行、
コンサルティングの提供などがあり、環境に対する意識改革を目指しています。

 

また、説得力のある情報発信のため、損害保険業界全体で、紙資源の節減やオフィスの節電などを率先して行っています。

 

資源の無駄を省くため循環型経済社会の構築を目指し、損害保険各社では、再生紙の利用、廃棄物の再利用率により、
オフィスの廃棄物の最終処分量を削減することを実現させています。
同時にOA機器の消耗品のリサイクル、エコ商品の購入など、地球環境に対する負荷の軽減を実践しながら、
体外活動を実践できる基盤作りをしています。


ホーム RSS購読 サイトマップ