自動車保険 飲酒運転

飲酒運転をしてしまったら

価格.com自動車保険比較見積もり

飲酒運転における自動車保険の有効性

損害保険の説明

飲酒運転における自動車保険の有効性についてですが、もしも飲酒運転の車が原因で被害を被った場合、

加害者である運転者の車の保険で補償されるのかどうかが問題になります。

 

運転する人なら誰でもご存知の様に、車を持つと同時に強制保険である自賠責保険に加入します。
しかしながら、自賠責保険だけでは不十分であることは誰もが知るところとなっています。

 

道路交通法の改正に伴い飲酒運転に対する罰則は強化されており、結果的には飲酒運転事故は減少傾向にあります。
しかしながら、未だ根絶には至らず、少なくない事故件数となっており、交通事故全般の10%が、飲酒運転が原因です。

 

そうした違法運転による車によって被害者となった場合、加害者である運転者の保険で補償されます。

 

まず、任意保険である自動車保険は、飲酒運転や無免許運転など違法な運転での事故で、運転者が怪我を負ったり、
死亡したりした場合については、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険は支払われません。
人に対してだけでなく、物(車)に対しても車両保険の対象外となります。
損害保険会社側からすると、それは支払い義務がないということで、「免責」となるわけです。
事故を起こした本人にとっては、当然のことながら補償は受けられず、全て自腹となるのです。

 

しかしながら、損害保険には被害者救済の理念が根底にありますので、飲酒運転などの事故で被害にあった場合、
任意保険である対人、対物賠償責任保険も自賠責保険も、保険金は支払われます。


ホーム RSS購読 サイトマップ