自賠責保険 未加入

自賠責保険に未加入なら?

価格.com自動車保険比較見積もり

自賠責保険に未加入による罰則

損害保険の説明

自賠責保険に未加入による罰則があるのを知らない運転者はいないはずです。

損害保険のうち自賠責保険は強制保険ですので、運転者は必ず契約しなければなりません。
自賠責保険の目的は、車による交通事故の被害者が死亡した場合、最低限の保険金を補償するため、
国が定めた自動車保険制度なのです。

 

では、もしも自動車事故を起こし加害者となった運転者が自動車保険に加入していなかった場合、
被害者に保険金の支払いが出来ないことになります。
それは損害保険の理念である被害者の救済の理念に反するため、自賠責保険未加入の運転者に対しては、
とても厳しい罰則が科せられます。

 

罰則には大きく2つのパターンがあります。
一つは、自賠責保険に加入はしていても、車内に置いてない場合は罰則の対象となり、
30万円以下の罰金です。
もう一つは自賠責保険に未加入であるのは勿論、加入したものの有効期限が切れている場合は、
50万円以下の罰金か、1年以下の懲役となるのです。
この場合の違反点数は6点となり、結果免停となります。

 

自賠責保険の不携帯、未加入、有効期限切れに関しては、事故を起こしていなくても罰則が科せられるので、
常にチェックを怠らないようにしなければなりません。
一般的に車検を受けるためには自賠責保険加入で有効期限内であることが原則なので、
車検がない250cc以下のバイクや原付については、自賠責保険の有効期限切れで
処罰される確率が高いようです。
自動車でも、車検を受けていない場合は同様に有効期限切れに注意が必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ