自賠責保険 補償

自賠責保険の補償について

価格.com自動車保険比較見積もり

自賠責保険の補償について

損害保険の説明

自賠責保険の補償範囲は最低限のものなので、事故を起こした場合には不十分であるケースが殆どです。

 

事故によって後遺症が残った場合、生命保険による補償は一次金で数千万円、
さらに月々保険金が支払われます。
ところで、自賠責保険による支払いは一括が原則で、金額の上限は3,000万円と決まっているのです。
自賠責保険の目的は契約者が事故により加害者となり、被害者に対する補償なので、
単独で事故を起こし、電柱やガードレールなどの構造物破損については対象外となるのです。

 

つまり、自賠責保険の補償は物ではなく人に対するもので、被害者となった他人に対してのものなのです。
もし事故の被害者が同乗者である場合は自賠責保険から120万円の支払いがあります。

 

自賠責保険の請求については、損害保険の契約している運転者ではなく、被害者側がするものです。
自賠責保険については補償額に関してトラブルも多く、どんなに悲惨な事故だった場合でも、
3,000万円以上は請求できないのです。

 

もしも加害者が自賠責保険に加入していない場合は、保険金が一切被害者に支払われないため、
厳しく罰せられるのです。

 

補償内容は、被害者が死亡した場合1人につい最高額3,000円で、怪我をした場合は
1人につき120万円となっており、後遺障害についてはそのレベルによって金額は異なり、
1人につき75万円から4,000万円となっています。
ちなみに、最高レベルである4,000万円が支払われるケースは、介護が常に必要とされる場合です。


ホーム RSS購読 サイトマップ