自動車事故 賠償金

自動車事故の賠償金

価格.com自動車保険比較見積もり

自動車事故の賠償金

損害保険の説明

自動車事故の賠償金の実態について紹介します。

自動車保険は任意と強制がありますが、誰でも車購入時に自賠責保険加入が義務づけられています。
強制保険である自賠責保険に未加入、もしくは不携帯や有効期限切れの状態で運転した場合、
たとえ自動車事故を起こしていなくても処罰されます。

 

加入していても不携帯の場合は30万円以下の罰金が科せられ、未加入や有効期限切れの場合は、
50万円以下の罰金か1年以下の懲役となり、免許停止となるのです。

 

厳しい罰則まである自賠責保険でも、事故を起こした場合の補償金に対して、
被害者側は不満であることが殆どです。
何故なら、被害者が死亡した場合でも補償金額は3,000万円が限度で、
常に介護が必要な重度な後遺障害があっても、最高でも4,000万円までしか支払われないのです。

 

では、被害者は泣き寝入りを余儀なくされるのかというと、そういうわけでもありません。
過去の自動車事故の裁判判例に見る損害賠償金額は最高3億6,000万円弱という記録があります。
高速道路での交通事故で、同乗者が重度の後遺障害が残った事故でした。

 

他にも、後遺障害が残った場合の賠償金は億単位のケースが少なからずあるのが現状です。
それだけの賠償金の支払いは殆ど不可能で、賠償金の支払いにために、一生をふいにすることとなります。

 

賠償金には上限がありません。
不可抗力で加害者となる可能性があることも考えると、被害者のためには勿論、
自分自身と自分の家族ためにも、
自動車保険は保障無制限の任意保険に加入した方が良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ