火災保険 保険料

火災保険の保険料

価格.com自動車保険比較見積もり

火災保険の保険料

火災保険の保険料は評価額によって異なります。

 

保険料は、建物の保険金額と構造区分と所在地に、選択した補償内容を合わせて算出します。
建物の保険金額は評価額によって決まりますが、現時点での建物の価値のことを言います。
火災保険の補償限度額は、つまりはこの保険金額によるところが大きいのです。

 

例えば、あまり建物の評価が高くないのに、補償限度額の大きいものに設定した場合でも、
家の価値に見合った補償しかされないため、無駄に保険料を支払うことになります。
逆に、建物の評価額よりも低い補償額に設定した場合、火災で全焼しても補償されないのです。

 

家の価値は、購入時と現在では違うという認識が必要です。
時間が立てば建物の価値は下がっていくのは至極当然のことなので、
家の価値に見合った保険料がいくらなのか、知っておきたいものです。

 

評価額には新価基準によるものと時価基準によるものがあります。
新価基準というのは、今、同等の家や家財を購入した場合の価額で、時価基準というのは、
新価額から消耗した分を減額した価格になります。

 

保険料は実損払いの場合は実際の損害額が支払われ、比例払いの場合は、
保険金額の不足に合わせて、削減された金額が支払われます。

 

つまり、新価基準で火災保険に加入すれば、同じものを新たに建て直した場合に必要な金額が、
たとえ全焼した場合でも全額補償されますが、時価基準で保険に加入した場合は、
復元に必要な金額から減価償却分が減額されるわけですから、
新価基準による評価額の方が契約者にとって得なのは間違いありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ