台風被害 保険金

台風被害の際の保険金

価格.com自動車保険比較見積もり

台風被害の際の保険金

損害保険の説明

台風被害の際の保険金支払には、いくつかの条件があります。

 

日本にいる限り避けられない台風ですが、台風を想定して加入する保険は火災保険になります。
火災ではありますが、特約で風による被害も保険の対象とすることが出来るのです。
強風が原因の被害については火災保険料が支払われますが、実はここに落とし穴があるのです。
あくまでも風による被害に限定されるため、台風による水の被害については補償の対象外であることなのです。
火災保険は水害についての補償がないため、この点で勘違いをしている向きも多いようです。

 

対規模河川が近くにある場合や海岸沿いに家屋がある場合は、水による被害の可能性が高いと思われますので、
風による被害だけでなく、水による災害にも保険をかける必要があります。

 

また、風による災害に対する保険金は、被害総額が20万円以上でなければ支払われません。
台風被害の際の保険金支払の計算は、損害保険金に臨時費用保険金の30%を加算したものとなります。

 

住宅総合保険は漏水などの損害や、建物や家財の水害による損害についても保険金は支払われ、
時価額の30%を超える場合にのみ支払われます。
床上浸水であることが条件で、建物や家財の評価額の15%以上30%未満の損害と15%未満の損害で、
保険料は異なります。

 

出来れば台風被害に関しては、水災補償が万全な保険を選びたいものです。
そうしたニーズにこたえて、新しいタイプの火災保険が販売されるようになってきています。
風災、水災、水漏れ、破損による損害のみならず、修理費や片付けにかかる費用についても
補償対象としている保険もあり、中には補償内容をカスタマイズできるタイプもあるので、
火災保険の見直しをする消費者が増えています。


ホーム RSS購読 サイトマップ