所得補償保険

所得補償保険とは何か

価格.com自動車保険比較見積もり

所得補償保険とは何か

"所得補償保険とは何かご存知ですか。
怪我や病気で被保険者が働けなくなった時に、契約時に設定した定額保険金を毎月受け取る保険のことを言います。
被保険者が働けなくなるには様々な理由がありますが、病気や怪我で医療機関での治療が必要な状態であり、
収入源を確保できなくなった状態について補償されます。
被保険者の業務を保険証券に記載していますが、その業務ができない状態、つまりは入院していたり、
自宅療養中の状態であったりする場合です。

 

所得補償保険は一見医療保険と補償範囲が似ているようですが、医療保険の場合は
入院時の医療費に対する補償で、所得補償は病気やケガによる医療費ではなく、
無給期間の補償が目的であることが大きく異なる点です。

 

所得補償保険の保険期間は短期も長期もありますが、短期所得補償保険の方が一般的のようです。
実際、長期の所得補償保険については、日立キャピタル損害保険以外の保険会社では
現在見受けられません。

 

所得補償保険のニーズは、福利厚生制度が弱い業種、例えば自営業やSOHOにあるようです。
何故なら、福利厚生がしっかりしている企業では、有給休暇に加え、長期にわたって入院、
療養する場合、健康保険組合が月収の2/3を傷病手当金として支払ってくれますし、
期間も最長1年6か月間と長いのが特徴です。
実際に多くの企業で、うつ病などが原因で長期療養をする社員が増えているといいます。

 

これに対して自営業者やSOHOの場合加入するのは国民健康保険になりますが、
有給休暇も傷病手当金もありません。
従って仕事が出来なくなるということは、そのまま収入がゼロになることを意味します。
所得補償保険の目的は、福利厚生制度の恩恵にあずかることの出来ない人が、
働けなくなった時の救済なのですが、だからと言って一般企業の社員が加入できないというわけではありません。"


ホーム RSS購読 サイトマップ