損害保険 自賠責保険

損害保険の一分野である自賠責保険

価格.com自動車保険比較見積もり

損害保険の一分野である自賠責保険

損害保険の説明

損害保険の一分野である自賠責保険が強制保険であることは車を運転する人にとっては常識です。

 

自賠責保険は、合宿免許最短で取れる自動車学校を卒業した人も含む全自動車免許の取得者が加入しなければなりません。

 

交通事故で加害者となってしまい、怪我を負わせたり、最悪のケースでは死亡させたりしてしまった場合、保険金が支払われますが、限度額が決まっています。

 

怪我の場合は120万円、死亡してしまった場合は3,000万円となっています。
更に、被害者が事故後後遺症による障害が残ってしまった場合、障害のレベルによって保険金額は異なります。
レベルは1級から14級に等級分けがあり、4,000万円から75万円と決まっているのです。

 

自賠責保険の目的は交通事故による被害者を救済するためにあるものです。
従って法律に基づいて、例外なく全ての車について、車1台ごとに1契約が
義務づけられている強制保険なのです。
強制保険が義務付けられている車両には、原動機付自転車も含まれます。

 

自賠責保険の補償範囲は人身事故に限られています。
人身事故とは、交通事故に他人を巻き込んで死に至らしめたり、怪我を負わせたり、
障害を負わせたりすることで、被害者に損害賠償を支払う義務が生じたときに支払われる損害保険です。

 

つまり、あくまでも被害者のための損害保険なので、加害者となった運転手の怪我や、
破損しは車の修理代、既存の建造物に勝手にぶつかった結果負った怪我や、
それによって損壊した構造物は損害保険の対象になりません。

 

加害者と被害者の間で示談がうまく行かなかった場合は損害保険の請求ができないのですが、
被害者救済のために、被害者が保険金ならぬ損害賠償額を保険会社に請求できます。
自賠責保険は社会保障の一種と考えて良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ